渓流最終日

台風19号で被害に遭われた皆様に心より謹んでお見舞い申し上げます。1日でも早い復旧をお祈り申し上げます。先月末の日曜日。今シーズン最後の渓流。渇水が続いた渓流も、前日に雨が降り良い方向に使うのか悪い方向へ向かうのか。ある本流の支流に着くと、増水もなく、濁りもなく雰囲気はいい感じ。あとは、納得できるヤマメ、イワナに出会えるか。修理に出し、無事治って戻ってきてくれたOrynO隼45型をセットし、いざ釣り上る。すると、開始早々ヤマメが出迎えてくれた。シーズン終盤ではあるが、綺麗なパーマークだった。その後は...

ピン撃ちゲーム~厳しい秋でも~

全国のシーバスアングラーが沸き立つ秋のシーバスハイシーズン!!、、、のはずが今年はなにやら不調な様子のホームエリア中々思うようなサイズが出てくれません。それでも夜な夜な徘徊してしまうのは釣り人の性であります。相棒はBeams CRAWLA8.3L+柔軟なティップで魚をバラさず、強靭なバットパワーで90UPをもストラクチャーから引きずり出す、どんなフィールドにもマッチする言わずと知れたランカーキラーです。さて、秋のハイシーズンといっても私の地元である愛知県は中々のタフフィールドものすごい熱量のコアアン...

【Fishman】秋のランカーシーバスは落ち鮎だけじゃない【RIPLOUT】

秋のシーバスのストロングパターンと言えば、文句無しに落ち鮎ビッグベイトだろう。勿論、前回のブログみたくその通りだと思うwけど、秋って、ただ落ち鮎だけじゃない。夏の高水温が終わって雨が降って、水辺の生態系が潤ってくる季節でもある。夏、港に大量に沸いていたサヨリが、まだ鉛筆以下サイズだった。それが秋になり、ボールペンレベルにまで成長し、河川下流域に侵入してくる。このサヨリは、港のサヨリパターンと違って、バカスカボイルの中の事故のようなヒットと違い、確実に狙って捕れる。しかもサイズを選んで、だ。流れや明暗...

【Fishman】落ち鮎の秋。ならばランカー以外は狙わぬ!そんな強気な釣りを通す精神力【COMODO】

秋が深まり、河川上流部の水温は下降し、そこに風雨が被り、いよいよ今季も川シーバスの弩級狙いが始まった。毎年この時期は、ブログをまめに訪れて頂いてる方はご存知w西村のモンスターハントのラッシュになる。…が。今年は少し事情が違う。夏のお盆を過ぎてから、一気に涼しくなり、やがてそれは寒さに変わりリバーシーバスフィールドは、あっという間に下限水温近くまで下降してしまった。更には幾度となく来る台風が、 今季のモンスターハントを過激に難しくしてしまった。大型の鮎は早々と産卵に入り、まだその流域にシーバスが居着く...

【Fishman】展示受注会のお知らせin上越&長岡の上州屋様!来季ニューモデルも展示します【ストアイベント】

てな訳で、今年も開催!上州屋様の2店舗での2日連続イベントです。上越店様は二年ぶり、長岡店様は毎年恒例です。今回は、来季ニューモデルの発表後なので、ブリストベンダバール101M(諸事情により、これの一つ前プロト)ビームスインテ64ULビームスローワー86Lこの3本を展示しますよー。他にも、FishmanTVで活躍したブリスト75H、かなり理想に近付いたビームス62L。この5本のプロトを触れます。どれもイッてるロッドだぜw勿論従来の機種は全部展示、触って曲げてから購入を考えて下さいね。最近のランカーシ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク